スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アフィリエイトリンクをとにかくクリックしてもらう!


この度、引越しいたしました。



読みやすくなったと思いますので、こちらよりお越しいただけたらと思います。

※ライブドアに変えました。






アフィリエイトで月収10万円以上を稼ぐためには、あなたのアフィリエイトリンクをとにかくクリックしてもらわなければなりません。












したがいまして、アフィリエイトリンクをクリックしてもらうことだけに焦点を当てて作業しなければなりません。





では、どうすればあなたのアフィリエイトリンクを読者はクリックしてくれるようになるのでしょうか?







僕の月収5万円前後のブログの例







そこで、僕が月収5万円前後あるブログのクリック率をご紹介したいと思います。





それは「化粧品の感想ブログ」。
クリック率は約30%。
コンバージョン率は約4.5%です。

※コンバージョン率とは・・・成約率です。
例えば、「購入された」「資料請求された」など、あなたがお客様にして欲しいと思っていた行動をしてくれた人の率)





100回表示されたら、30回も僕のアフィリエイトリンクをクリックしてくれています。
その中で4.5回も買ってもらえたことになります。
実際の数字は、2006年7月が507回表示されています。
152回クリックされました。
そして23件成約となっています。
これで、月収5万円前後になります。





この数字を見ていただくとご理解していただけると思いますが、アクセスもそんなに多くないです。
購入件数も1ヶ月間でたったの23回です。
でも、それだけでも5万円前後は稼げてしまいます。



意外に感じませんでしょうか??
(僕は意外でした。
「こんなアクセス数でも5万円前後も稼げちゃうんだ」って思いました)





多くの人がブログアフィリエイトで稼ぐ方法として「感想ブログ」を挙げておられますが、とにかく感想ブログは稼げます。
(ぜひ、真似されてみてください)
したがいまして、ブログアフィリエイト初心者の人なら1つは感想ブログの作成にチャレンジされてみてくださいね。





ちなみに、感想ブログをつくるとお客様心理も体験できます。
例えば、自分が「欲しい」と感じないけど、報酬が高い商品があると思います。
または、欲しいけど予算的に手が出せない商品など。



もし、感想ブログをつくられるのなら、欲しいと感じない商品でアフィリエイトされるのはやめた方がいいでしょう。
その場合は、他の商品を探した方が収入につながる確率は高いでしょう。
(まずは自分が欲しいと思う商品をオススメされてみてください)



※注意:
感想ブログも「需要と供給」を調べてからつくることが大切です。
供給者が多い商品や、需要がない商品をオススメしても誰も買ってくださらないので注意が必要になります。
需要と供給については、需要が多く、供給者が少ない分野を探す方法で詳しく解説させてもらっております。










記事の最後にアフィリエイトリンクを貼ろう






感想ブログでブログアフィリエイトをされる場合は、記事の最後にアフィリエイトリンクを貼るようにするといいでしょう。




そのとき、

「このアフィリエイトリンクの先を見ないと、僕が伝えたいことが終わらないのです」
「このアフィリエイトリンク先を参考されると、もっとあなたのためになる情報があります」



という気持ちを込めながら、テキストリンクで誘導するとうまくいきます。
感想が読者が欲しがっているものと合致していれば、これがすごい確率でアフィリエイトリンクをクリックされるようになります。
(僕の別のブログでは70%のクリック率の商品もあります)



クリックさえしてもらえれば、その商品が購入される確率は高まります。
(決してたくさん売れるというわけではありませんが)





しかし、あなたの読者にアフィリエイトリンクをクリックをしてもらうことができなければ収入は発生しません。
とにかく、アフィリエイトリンクをどうしたらクリックしてもらえるのかをあなたなりのアイデアで考えてみていただけたらと思います。




今回は、参考までに僕の場合でした。
最後まで目を通してくださりありがとうございました。
テツヤでした。







スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://dynabook2006.blog65.fc2.com/tb.php/89-5bc22db2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。